2014年10月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

[元の記事を読む]
有料放送事業者が新しいB-CASカードの配布を検討 今年の5月よりデジタル放送を視聴する際に必要な「B-CASカード」を改造して、WOWOWやスカパー等の有料放送をタダ見できる事態になっている。 その問題解決の為、有料放送事業者がセキュリティを強化した新しい「B-CASカード」の作成・配布を検討していることが分かった。 有料放送事業者は来年を目途に400万世帯以上に配る予定とのこと。新B―CASカード配布を検討 有料放送の不正利用問題 ……有料放送契約者にだけ新しい暗号鍵が入った「新B-CASカード」...

[続きを読む]